読書の途中で

  • 2020.05.03 Sunday
  • 20:06

 

大人の恋愛小説らしい。

Instaフォローしてる好きな俳優さんのオススメで

読んでもいないうちからハートときめかせて本屋さんに行った。

 

読み始めるのがもったいなくて

一晩寝かせた。

 

久しぶりのワクワク感。

 

最初のページを開いてすぐはスイスイ読みやすそうな文章のようだったのに

もう3ページ目くらいからなんだかよくわからない展開になり

ついていけなくなった。

 

最初のページに戻って読み直す。

期待していた気分とずいぶん違った。

 

でもあの方も読まれたんだから

これから面白くなるんだわきっと。

そう期待してページをめくる。

 

大人の恋愛はなかなかはじまらず、癌のお話になってきた。

 

グラスのワインを飲み干して、

ティポットにたっぷりハーブティ淹れたけど

もう寝る。

 

 

 

 

アラームが鳴らない幸せな朝。

お家時間を楽しむためにサッさとお掃除お洗濯。

 

珈琲を淹れて本を手に取る。

 

やっぱり癌のお話だ。

作り話の中でまで病んだ気分になりたくはない。

 

 

 

気分転換に外に出ようちょっとだけ。

風がようやく春になっていた。

 

混んでるスーパーはヤメにして寄ったコンビニで買った金のピザと発泡酒。

人生初の宅昼飲み。

 

勢いつけてまた読み始めるも、すぐにつっかかって本を置く。

それでも読むのを止めないで、なんだかんだと2週間もかかり

ようやく最後の章に近づいた。

 

 

 

 

 

どんな結末かはわからないが、

恋にときめくにはページが足りない。

 

 

 

 

 

 

大人の恋愛小説にときめきたかった気分だけ置き去りにされてしまっては哀しいので、

読書の途中で違う本を探して来た。

 

 

 

 

 

恐ろしいタイトル。

 

 

 




そして平場の月を読み終えた。

逆転劇を楽しもうと思う。

 

 

冬の雨と春の雪

  • 2020.01.30 Thursday
  • 23:19

 

2018年3月20日

節分を過ぎて立春を迎えたらもう気分は春なのに、

いまだしつこく雪が降る。

 

お天気とご気分が上手くかみ合わない日々が続いている。

 

どんよりグレーの雲に覆われて隠れていたいのに、

そんな日に限って眩しく青い空が広がる。

 

 

 

 

こんな書きかけの日記がノートの片隅に残っていた。

曇りときどき晴れそうで晴れない心模様。

 

春はまだまだ遠かった。

 

 

 

 

 

 

 

そして2年の月日が流れ去り、月が出た出た月が出た。

 

野菜炒めとワインボウル。

 

 

 

 

夜な夜な小樽に出没しお店をめぐる楽しさよ。

 

 

 

 

 

 

最終電車で家路に着けば、ほろ酔い気分の肩濡らす雨。

 

春はも少し先でいいから雪の景色を見せとくれ。

 

 

 

今年の「小樽・雪あかりの路」は祈りの灯を点したいから。

 

 

 

 

 

小樽雪あかりの路

2月9日〜16日

http://yukiakarinomichi.org/

節分まで

  • 2020.01.23 Thursday
  • 23:43

 

やけに雪が少ない冬だけど、今年もやっぱり、

大寒過ぎて節分までのこの時期は、

立春からの新しい一年を迎えるためにちょっと修行をいたします。

 

だって今日まで生きて来て、

生きてるだけであちらやこちらやそちら様にきっと迷惑かけている。

 

 

できたこと、できなかったこと。

中途半端で投出したこと。

 

たくさんの人に助けてもらってきたこと。

いっぱい力を借りたこと。

 

もらいっぱなしの数々の品。

していただくばかりのご親切。

  

 

それでなくても少ない徳が

どんどんどんどん減ってゆく。

 

 

日々の暮らしで地球を汚し

無いものねだりで人を羨み

 

気分次第で右左

 

 

 

身で罪を犯し、口でもっと罪を犯し、心はさらに罪を犯す。

 

地獄に堕ちるその前に。

 

 

 

 

 

 

「密厳院発露懺悔の文(みつごいんほつろさんげのもん)

 

                                     覚鑁上人(かくばんじょうにん)

 

 

我等懺悔(われらざんげ)す 

無始(むし)よりこのかた妄想に纏(まと)われて衆罪(しゅざい)をつくる

 

身口意(しんくい)の業(ごう) 

常に顛倒(てんどう)して あやまって無量不善の業を犯す

 

珍財を慳悋(けんりん)して施を行ぜず 

こころに任せて放逸(ほういつ)にして戒を持せず

 

屢々(しばしば)忿恚(ふんに)を起して忍辱(にんにく)ならず 

多く懈怠(げだい)を生じて精進ならず

 

心意(しんに)散乱して坐禅せず 

実相に違背(いはい)して慧(え)を修せず

 

恒に是(かく)の如くの六度の行を退して 

還(かえ)って流転三途(るてんさんず)の業をつくる

 

名を比丘(びく)に仮(か)って伽藍(がらん)をけがし 

形を沙門(しゃもん)に比して信施を受く

 

受くる所の戒品(かいぼん)は忘れて持せず 

学すべき律義は廃して好むことなし

 

諸仏の厭悪(えんの)したまう所を慙(は)じず

菩薩の苦悩する所を畏(おそ)れず

 

遊戯笑語(ゆうげしょうご)して 徒(いたずら)に年を送り 

諂誑詐欺(てんのうさぎ)して空しく日を過ぐ

 

善友(ぜんゆう)に随(したが)はずして癡人(ちじん)に親しみ 

善根(ぜんこん)を勤めずして悪行を営む

 

利養(りよう)を得んと欲しては自徳を讃じ 

名聞(みょうもん)を求めんと欲して他罪を(そし)る

 

勝徳(しょうとく)の者を見ては嫉妬(しっと)をいだき 

無徳(むとく)の人を見ては驕慢(きょうまん)の生ず 

 

富饒(ふにょう)の所を聞いては希望(きぼう)を起こし 

貧乏(びんぼう)の類を聞いては常に厭離(おんり)す

 

故(ことさら)に殺し誤って殺す有情(うじょう)の命(めい) 

顕は(あらわ)に取り密かに取る他人の財

 

触れても触れずしても 非梵行(ひぼんのぎょう)を犯す 

口四意(くしい)三互(さんたがい)に相続し

 

仏を観念する時は攀縁(はんねん)を発し(おこし) 

経を読誦(どくじゅ)する時は文句を錯る(あやまる)

 

若し善根を作せ(なせ)ば有相(うそう)に住し 

還って輪廻生死(りんねしょうじ)の因と成る

 

行住坐臥(ぎょうじゅうざが)知ると知らざると

犯す所の是(かく)の如くの無量の罪 

 

今三宝に対して皆発露(ほつろ)し奉る

慈悲哀愍(じひあいみん)して消除せしめたまへ 

乃至(ないし)法界(ほっかい)の諸(もろもろ)の衆生 

三業所作の是の如くの罪

 

我皆(われみな)相代(あいかわ)って尽(ことごと)く懺悔す 

更に亦(また)その報いを受けしめざれ

 

南無 慚愧懺悔無量所犯罪(なむ ざんぎざんげむりょうしょほんざい)
                           (三返)   

 

                          

 

 

参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

 

きーちゃんと風の時代

  • 2020.01.02 Thursday
  • 23:47

 

彼が出て来たとたん、急にテレビに引きつけられた。

 

なんとなく見ていたNHK紅白歌合戦。

彼だけなんだか波動が違う。

 

輝いていた。

 

どうしちゃったの?

何があったの?

 

 

限界突破!

 

 

 

 

インスタすぐにフォローしたよね。

別にファンじゃなかったけど。

 

 

 

 

自分らしく生きられないって苦しいわ。

誰だって。

 

 

よかったね、きーちゃん。

 

 

 

 

 

目には見えないお話だけど、

星の流れを読み解く人たちのつぶやきを聞いた。

 

今年、240年以上続いた「土の時代」が終わりを告げ「風の時代」がはじまるという。

 

破壊と再生のパワーを持つという冥王星。

制限と区別のシンボルと例えられる土星。

幸運と拡大の星と言われる木星。

 

この三つの惑星が山羊座に揃う今年、壮大な浄化がなされ、

正直者が生きやすい世界に変わってゆくのだとか。

 

 

 

風の時代。

彼にはもう風が吹いていたのかな。

 

 

 

 



 

 

【参考記事・ブログ】

 

きーちゃんについての記事

https://hochi.news/articles/20200101-OHT1T50076.html

 

 

 

300年ぶり大変革の年

 https://www.elle.com/jp/horoscope/yuji-column/a29768922/horoscope-yuji-2020/

 

「星読み語り」中央と地方

 https://ameblo.jp/uenopasiri/entry-12563068033.html

 

 

 

 

※写真と文章は何の関係もありません。

行進曲にのって

  • 2020.01.01 Wednesday
  • 22:22

 

 

 

 

毎年恒例、元旦夜のお楽しみ、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団ニューイヤーコンサート、

ラデツキー行進曲に今年も参加できました。テレビの前でですけれど。

(動画は数年前のものです)

 

 

元気がでます、勢いつきます行進曲。

今年はこの手拍子にのってるような気分で進んでいけたらいいなと思います。

 

 

2020年

令和二年 庚子 かのえね

 

庚は「更まる」あらたまるという意味で、

子を解けば了と一で「悟る、わかる」

「はじまる」という意味が含まれるそうです。

 

 

そろそろ本当に世界が平和になってく様に、いろんなところが改まりますように。

宇宙の中の地球の上で、生きとし生けるものすべての命が尊ばれ、善い時代のはじまりとなってゆかれますように。

 

自分もできるところから一歩をはじめてみたいと思います。

たとえ小さな一歩でも。

 

 

HAPPY NEW YEAR !

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Amazon

Rakuten

人気ブログランキング

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
地域生活(街) 北海道ブログへ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM