天狗山八十八ヶ所

  • 2020.05.31 Sunday
  • 11:28

 

 

 

 

小樽は不思議な町である。
ずっと住んでいるのに知らなくて、行ったことのない場所がある。
そこにあるのが当たり前すぎて、よく知らないことがある。

 

どなたとどんな話をしていてそこへたどり着いたのかは、すっかり忘れてしまったけれど、

あるときなぜか四国八十八ヵ所の話になった。

 

ご存知、弘法大師空海ゆかりの札所寺院、八十八ヵ所を巡拝するあのお遍路さんの話である。

 

「行ってみたぁい、でもねぇ遠いねー」
「んー四国だからねぇ。ほれ、したから小樽にもあるっしょ」
「えっ?」

 

頭の中が?マークでいっぱいになった。
小樽にもある?
知らなかった。ずっと住んでいるのに。
天狗山の登山道のところにかなり昔からあるという。


あると言われてもそれだけではなんだかよくわからなかったが、
その日から頭の中は八十八。
行ってみたいな八十八。
四国じゃなくて天狗山。
行ってみたい見てみたい。

 

それから約一年のときを経て、ある日とうとう天狗山に上った。

 

登山道の入り口から広がるアリスワンダーランドのような世界。


「うわぁワクワクする!」

「したけどここであってるのかい?」

「わっ虫」

「ヤダ」

「でもちょっと楽しい!」

 

頭の中は吹き出し付きのひとりごとでいっぱい。

 

「うっまた虫」

 

ブツブツ思いながらも足は元気に前へ進んだ。

 

突然、目の前に現れたカラーの大師様。

並んだお地蔵さん。


誰がいつどんな思いで立てたのか、言葉を失った。

 

小樽天狗山四国八十八ヵ所霊場。


番号つきのお地蔵さんは途切れながらも登山道沿いに並んでいた。

 

それにしても何故ここ小樽に四国があるのだろう?


北海道を開拓するため海を渡っていらした私たちのご先祖さまが、遥か遠くの郷里を思い祈り運んだのだろうか。

 

・・・五十八、五十九・・・六十何番目かでスキー場に出てびっくりした。

続きはコースを越えた上にあると思われたがこの日はそこから引き返した。

 

知らなかった昔の小樽。


山の麓で青い空を仰ぎ、思わず手を合わせた。

 

 

 

(投稿日: 2013年10月28日)

 

 

 

 

 

 

※ このエッセイは、国立大学法人小樽商科大学の社会貢献・地域連携事業の一つ「ソーシャルメディアを使った観光振興」に関する実証的研究事業として、2013年4月に発足した「おたるくらしプロジェクト」のコミュニティサイト「おたるくらし」に掲載された文章です。

 

 

ここかしこが慕わしいまち

おたるくらし

http://otaru-class.com/

 

本当の小樽を伝えたい。と、地元生活者の目から見た情報を発信。「ガイドには載っていない隠れ家カフェ」や「小樽運河の魔法」「海を走る列車」などなど、街並や歴史、美味しいものや風景を紹介する記事が満載です。


 

おたるくらし・マップ

http://otaru-class.com/map/

 

このマップがまた可愛いいです。

興味のある記事を読んだら、ぜひマップで検索をして、出来ることならその場所へ足を運んでみてください。

おたるの暮らしのあたたかさを感じていただけることと思います。

 

 

 

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2020/06/05 2:20 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Amazon

Rakuten

人気ブログランキング

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
地域生活(街) 北海道ブログへ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM