熱い思いを

  • 2019.12.07 Saturday
  • 01:45

 

「あんなさん、今日の夜、暇か?」

朝いただいた1本の電話で私はその夜小樽へ向かった。

 

10月10日 木曜日 午後八時 小樽都通り商店街集合。

【オタル食べないけど飲まナイト 駅下コース】

 小樽観光協会主催のミニナイトツアー。

と、いうイベントに参加させていただくために。
 

観光バスの運転手とバスガイドさんかと思ったら、

お世話になってる某 I T 企業の社長と観光協会の才女だった。

 

副業できるね。

 

 

  

参加者以外の人はほとんど歩いていない夜の商店街。

 

 

 

スタート前の記念撮影。

 

 

 

ガイドさんの説明を聞きながら歴史ある梁川通り商店街を行く。

 

 

 

1軒目のお店に到着。

 

 

 

中央市場にあった写真屋さんのあと。

息子さんが素敵なカフェバーに!

 

 

ピザが気になる。

今度はランチで行かなくちゃ。

 

ビールの人、手ぇあげて〜

はぁーい

 

 

 

制服、お似合いね。

お帽子がまたかわいいわ。

 

 

 

なんと人力車で次のお店まで連れて行ってくれました、感激!

 

 

 

 

実は初めて乗りました。

超うれしかったです。

 

 

 

みなさん、こちらですよー

 

 

 

小林多喜二の小説にも登場する歴史ある建物。

現在の店の名は I SO さん。

 

 

 

みんなでかんぱ〜い!

 

 

 

いただいたお土産。

めっちゃ美味しかったです。

 

 

 

最後にアンケート。

とても楽しいツアーでした、ありがとうございました。

 

観光協会のナイトマップと一緒に「月あかりの店」マップも配ってくれた。

ご紹介もさせていただいて。

 

 

 

実は、朝いただいたお電話で、

「今夜のイベントに市長も参加するって、俺、さっき聞いて。あんなさん、行ってよ、

ホテルだの宿泊施設だの増えてきて、小樽に泊まる観光客増えてんのに、

どこにご飯食べに行ったらいいか、

どこに飲みにいったらいいかわかんないって・・・以下略。」

 

ちょっと文字には残せない過激さで熱い思いを語られた。

 

電話の主は小樽観光を支えていらっしゃる有名企業の社長さんである。

 

 

8年前、

小樽の駅周辺で遅くまで開いてる素敵なお店を紹介するというマップを作った意味を、

今でも、今だから切実に必要だってことを、市長に直訴して来いと。

 

「え、いや、でも、いま、ワタシ、小樽に住んでなくて、それにもうあのマップは・・・

ところで、今夜、参加されるんですよね?」

 

「そうしたいところなんだけど、いまちょっと仕事で海外で」

 

「は?」

 

「小樽に住んでないからって小樽への愛は変わってないべ!

だから、あんなさん、行って市長に!」

 

 

 

 

 

 

行って市長にお会いしました。

 

熱い思いは胸に秘め、

ミシュランガイド掲載店が何軒もある小樽グルメストリート梁川のお話を。

 

次の日朝早く、ロシアに発たれる市長は

これから盛り上がるしょや、というところでお帰りになりました。残念。

 

 

 

 

 

裏でイベントを盛り上げてくださった熱い思いの人たち。

 

 

 

 

ひっそりと消えかかっていた月あかり。

熱い思いは蘇るのか。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Amazon

Rakuten

人気ブログランキング

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
地域生活(街) 北海道ブログへ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM