チコちゃんに聞いてみたい

  • 2020.01.09 Thursday
  • 07:19

 

「ねえねえ、おかむらー」

「結婚してる人のお話だけどね、夫は妻のこと、妻は夫のこと、配偶者って言うわよね、書類に書くときとか」

「あれ、どして配偶者って言うの?」

 

唐突ですが、配偶者って意味、語源、ご存知でありましょうか?

 

「神様が配っている相手に偶然出会ってしまった者たちのこと」と答えたら、

「ボォーっと生きてんじゃねえよー!」

と叱られるだろうか。

 

夫婦。

 

銀婚式を目の前にして離婚寸前の夫婦とか、ご主人の定年後に夫源病に悩まされてる友人とか、今流行の卒婚だと決め込んで一人暮らしを謳歌している還暦女とか、ほんとに仲良しな夫婦とか。

その形は様々だ。

 

多くの人にとって理想の夫婦のお手本は親だろうか。

 

父がひとりに母4人、そんな私にはもうひと組みの親がいた。

正確には伯父と伯母なのだが、子どもの頃から「おとうちゃん、おかあちゃん」と呼び、可愛がってもらって育った。

 

二人とも大正生まれのその夫婦、伯母はまるでサザエさんのような人だった。

ほうれん草を茹ででいて鍋を焦がすなんて毎度のことで、昔のアルミの鍋はすぐ穴があいた。いや、穴があくほどよく焦がす。伯母の台所には鍋のふたばかりたくさんあった。

 

従姉妹の家の電話に残っていた留守番電話の録音は最高傑作で、「ただいま、留守にしております」と言うテープの音声のお姉さんに「あらーそうですか、わたし母親なんですけど、うちの娘、どこいったんだかわりませんか?」って、いつもの浜の訛を精一杯隠して、よそ行きの声で聞いていた。

 

伯父は酒好きな海の男と言った感じで、素面のときは「おぉ」とか「ん」とか以外、ほとんど喋らない人だった。が、伯母に「うるせーな」と言っているのはよく聞いた。

 

「お父ちゃん、ん、美味しいかい?」 

「しょっぱい?」

「なんどもない?」

「醤油かけるかい?」

「水飲む?」

「まだ食べるしょ?」

「美味しい?」 

「美味しくない?」

 

ご飯を食べている伯父の横にべったり座って、一人でずっと喋ってる。

一杯機嫌でもくもくと黙って食べていた伯父の返事はまた傑作で、

 

 

※このあとの文章はセンシティブな内容が含まれる文章です。ご注意ください!

 

 

 

 

 

 

「おんや、うるせいじゃ。食ったもの、糞になるまで聞いてる。黙って食わせねえか」

「なんもだや、美味しいかいって聞いただけでしょや。もうなんも作んないや!」

 

漫画のような実話である。

いつも喧嘩ばかりしていたが、仲良しだった。

 


 

 

 

 

 

 

 

思い出し笑いでなんの話を書いていたのか忘れてしまった。

 

 

 

 

そうそう、配偶者。

チコちゃん、答え知ってるだろうか?

 

 

 

残りの人生の時間をどう過ごそうか、考えた時、その存在との関係はどんな形がお互いの幸せだろう?

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Amazon

Rakuten

人気ブログランキング

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
地域生活(街) 北海道ブログへ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM