日帰り小樽芸術の旅

  • 2020.01.16 Thursday
  • 00:53

 

行きたいところがあって、

この日は小樽と決めていた。

 

 

スタートはこちら。

UNGA↑

縁起の良いお名前の粋なお店。

 

 

 

入ったとたんにいつもお世話になっておりますお友だちにバッタリ!

お店の取材で、お仕事されてました。

 

18日の土曜日、朝8時50分から

AIR-G' FM北海道 80.4Mhz

「小樽さんぽ」で紹介されます。

 

なのでこちらがどれだけ素晴らしい発想の素敵なお店かは、

石橋やちよアナウンサーにお聞きください!

 

18日の土曜日の朝ですよ!

 

 

 

運河プラザの屋根の鯱と冬の青空。

 

 

 

三番庫では「文化庁メデイア芸術祭小樽展」開催中。

 

大好きなチームラボのアートな世界へ。

『百年海図巻アニメーションのジオラマ』

 

座っていつまでも観てられる。

生まれ育った日本海と人生が混じり合ってるように感じて、

命のバトンを受け継いで今ここにいる感謝が込み上げて来る。

 

 

 

『コミュニケーションの泉』

話しかけると動くのだが、こちら様にはとくに話すことはない。

 

「王様の耳はロバの耳ぃ〜」と、言ったら

受け止めて秘密を守ってくれるのならちょっと欲しいと思った。

 

 

 

ランチタイムは久しぶりに洋食屋マンジャーレTAKINAMIさん。

 

オムライスが超美味しくて、さすがたきなみさんです!

 

15日で開店25周年だったそうです。

おめでとうございます!

お体たいせつにいつまでも美味しいもの作ってくださいね。

 

 

 

そしてそして、

思いがけないお誘いいただき

札響ニューイヤーコンサートへ。

 

ヨハン・シュトラウス大好き!

喜歌劇「こうもり」序曲からはじまりはじまり!

 

ピアノは小樽出身でニューヨーク在住、世界でご活躍の野瀬栄進さん。

ラプソディー・イン・ブルー。

素晴らしい感動的な演奏でした!

 

ドヴォルジャーク「新世界より」

ラルゴほか

 

 

もう幸せ♪

 

 

 

そうか今年は新世界なのだ!

なんの根拠もなく決めている。

 

 

 

 

最後はラデツキー行進曲♪

毎年、元旦の夜にテレビの前でひとり手拍子してるあの曲である。

 

市民会館、瞼を閉じればウイーンの気分。

最高!

 

 

 

 

 

小樽に乾杯!

 

 

 

 

 

文化庁メディア芸術祭 小樽展

「メディアナラティブ 〜物語が生まれる港街で触れるメディア芸術」…(1/11〜1/26)

https://otaru.gr.jp/tourist/bunnkanohitilyoumedeiageizilyutusai-1-11-1-26

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Amazon

Rakuten

人気ブログランキング

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
地域生活(街) 北海道ブログへ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM