月とアサヒと朝ドラと

  • 2020.01.12 Sunday
  • 23:55

 

いつものようにスマホでSNSのタイムラインを流れていたら

とっても残念なニュースが目に飛び込んで来た。

 

「ニッカウヰスキー 竹鶴の一部販売終了へ」

 

なんとも哀しいニュースである。

 

 

 

 

もう何年前だろう隣りの町の話しだが、

ニッカウヰスキー創業者、

竹鶴政孝氏の波乱万丈の人生がNHK朝の連続テレビ小説になった。

 

 

 

 

そこにあるのが当たり前だったニッカウヰスキー。

歴史も知らず、人々も知らず、苦労も知らず、夢も知らず。

 

 

 

「へー余市、朝ドラになるんだー」

 

そんな私のスマホが鳴る。

 

いつもお世話になっている観光協会の才女から

「月あかりの店マップのことなんですけどー」と。

 

ドラマの舞台「マッサン」の地元で竹鶴という名のウイスキーを盛り上げたいと、メーカーのお偉いさん達が小樽にいらしたそうだ。そこで才女は小樽の資料やマップを駆使してあれこれお話したらしい。

 

なんということでしょう!

 

「このマップをつくった人たちと一緒にやりたい、力を貸してほしい」と言ってます。

というようなお話だった。

 

 

「ハイ? 私たちに?」

 

 


どうもお偉いさんに気に入られたらしい。

 

 

 

 

 

 

そうゆう訳で、各界のみなさまと共に竹鶴びたりの日々を送ることとなった。

 

ドラマが始まる前から本を読み、ウヰスキーを飲み、企画を練り、

地元の人に親しまれるような一杯を市民からの公募で・・・。

 

あの頃はまだ、竹鶴12年、17年、21年、25年、どこでも手に入った。

 

そして誕生した「クレインズブーケ」という名のハイボール。

 

 

 

 

いつまで楽しめるだろう。

 

 

 

 

 

おたる・よいち  ご当地ハイボール

https://www.facebook.com/otaruyoichihighball/

 

 

 

「月あかりの店」誕生物語・1

http://anna-mama.net/?eid=12

 

「月あかりの店」誕生物語・2

http://anna-mama.net/?eid=13

 

「月あかりの店」誕生物語・3

http://anna-mama.net/?eid=14

チコちゃんに聞いてみたい

  • 2020.01.09 Thursday
  • 07:19

 

「ねえねえ、おかむらー」

「結婚してる人のお話だけどね、夫は妻のこと、妻は夫のこと、配偶者って言うわよね、書類に書くときとか」

「あれ、どして配偶者って言うの?」

 

唐突ですが、配偶者って意味、語源、ご存知でありましょうか?

 

「神様が配っている相手に偶然出会ってしまった者たちのこと」と答えたら、

「ボォーっと生きてんじゃねえよー!」

と叱られるだろうか。

 

夫婦。

 

銀婚式を目の前にして離婚寸前の夫婦とか、ご主人の定年後に夫源病に悩まされてる友人とか、今流行の卒婚だと決め込んで一人暮らしを謳歌している還暦女とか、ほんとに仲良しな夫婦とか。

その形は様々だ。

 

多くの人にとって理想の夫婦のお手本は親だろうか。

 

父がひとりに母4人、そんな私にはもうひと組みの親がいた。

正確には伯父と伯母なのだが、子どもの頃から「おとうちゃん、おかあちゃん」と呼び、可愛がってもらって育った。

 

二人とも大正生まれのその夫婦、伯母はまるでサザエさんのような人だった。

ほうれん草を茹ででいて鍋を焦がすなんて毎度のことで、昔のアルミの鍋はすぐ穴があいた。いや、穴があくほどよく焦がす。伯母の台所には鍋のふたばかりたくさんあった。

 

従姉妹の家の電話に残っていた留守番電話の録音は最高傑作で、「ただいま、留守にしております」と言うテープの音声のお姉さんに「あらーそうですか、わたし母親なんですけど、うちの娘、どこいったんだかわりませんか?」って、いつもの浜の訛を精一杯隠して、よそ行きの声で聞いていた。

 

伯父は酒好きな海の男と言った感じで、素面のときは「おぉ」とか「ん」とか以外、ほとんど喋らない人だった。が、伯母に「うるせーな」と言っているのはよく聞いた。

 

「お父ちゃん、ん、美味しいかい?」 

「しょっぱい?」

「なんどもない?」

「醤油かけるかい?」

「水飲む?」

「まだ食べるしょ?」

「美味しい?」 

「美味しくない?」

 

ご飯を食べている伯父の横にべったり座って、一人でずっと喋ってる。

一杯機嫌でもくもくと黙って食べていた伯父の返事はまた傑作で、

 

 

※このあとの文章はセンシティブな内容が含まれる文章です。ご注意ください!

 

 

 

 

 

 

「おんや、うるせいじゃ。食ったもの、糞になるまで聞いてる。黙って食わせねえか」

「なんもだや、美味しいかいって聞いただけでしょや。もうなんも作んないや!」

 

漫画のような実話である。

いつも喧嘩ばかりしていたが、仲良しだった。

 


 

 

 

 

 

 

 

思い出し笑いでなんの話を書いていたのか忘れてしまった。

 

 

 

 

そうそう、配偶者。

チコちゃん、答え知ってるだろうか?

 

 

 

残りの人生の時間をどう過ごそうか、考えた時、その存在との関係はどんな形がお互いの幸せだろう?

 

 

 

命、預けます。

  • 2020.01.04 Saturday
  • 22:50

 

 

娘盛りを渡世に賭けた緋牡丹のお竜さんではないけれど、

命をどこに預けるか、考えたことはおありだろうか?

 

 

検査の結果が癌と出て、さてどうしたらいいものか。

病院に来てしまったら手術、抗がん剤、放射線療法の3点セットがお決まりのコースらしい。

 

ビタミン各種、蜂の巣きのこ葉っぱお茶、マッサージ、天然温泉、人参ジュース・・・etc。

心配して勧めてくれた人たちの気持ちはとてもうれしかった。

 

ほんとにそれで癌が消えちゃう人もいるのだろう。

けれど私にはどれが合うのかわからない。

人参ジュースで治るなら私だってそうしたい。

 

西洋だろうが東洋だろうが、プロでなければ治せはしないと思われた。

保険のきかない治療法は時間もかかるしお金もかかる。

 

少しの間悩んだが、西洋医学のお世話になると決めた。

 

かかるのならばこの病院と決めていたところの先生がまたいい先生だった。

貴女を乳がんから救ってあげたいという気持ちが伝わって来る。

 

覚悟を決めた。

 

この先生は苦しんでいる人の病気を治すためにどれほどお勉強したのだろう。

親御さんの支えもあって無事お医者さんになられたことだろう。

 

50代も半ばを過ぎるとどこへ行ってもだいたいみんな年下で、もちろんこの先生も年下だ。

情けないことにいつも自分のことだけで精一杯で、人様のために生きるなんて無理。若いのに偉いなーと思ったら、有り難くて有り難くて、先生のご先祖様にまで手を合わせたくなった。

 

 

検査、検査にひと月近くかかり、6月末に手術と決まった。

 

 

退院して夏にバミコdeあんなを再開。

しばらくすると、まり食堂のまりさんが、ひょっこりやって来た。

 

「香ちゃん! これ、これがいいよ。自分で足もんで!590円だから!」

術後も再発防止のために、人参か温泉かで悩んでいた私に一冊の本を貸してくれた。

 

『足もみで心も体も超健康になる!』

 

注目は102ページ。

(熱心に足をもむ人たちの癌の再発率が現在までで0%です)と、言い切っていた。

そんなこと書いていいの?

0%!

 

すぐに足もみ、はじめました。

 

 

 

 

長い文章になりました。

でも、ここからがあなたに読んでいただきたい本題、命のお話。

 

心臓が止まりそうになって自分で救急車呼んで一命を取り留めた40代女子とか、原因不明のめまいで日常生活もたいへんな主婦とか、このままいったら透析になりそうでヤバいのとか、息子が鬱で困ったもんだとか、血圧異常に高いだの、糖尿さーとか、なんと病人の多いことでしょう、私の周り。

 

配ったよね590円、すごいから足もみ。

 

持病は治らないって決めつけてたりするけれど、

少しでも良くなると信じて、自分の体を労って欲しい。

騙されたと思ってやってみて欲しい。

 

早速効果があったのか?

私は放射線治療をしないで済んだ。

 

先生もそれはいいと思いますよ、続けてくださいと。

 

 

 

 

 

 

おまけに思わぬ効果、あんよのセルライトが消えて、うそっ、スッキリ!

 

オススメです。

 

 

 

 

 

お正月、昭和なヤクザ映画でも観たいなと思ってググったら、緋牡丹のお竜さん、

タイトルは「緋牡丹博徒 お命戴きます」だった。

 

命って、狙われたり、預けたり、なかなか管理が難しい。

どこに任せていいものかしっかり自分で把握しておかないと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きーちゃんと風の時代

  • 2020.01.02 Thursday
  • 23:47

 

彼が出て来たとたん、急にテレビに引きつけられた。

 

なんとなく見ていたNHK紅白歌合戦。

彼だけなんだか波動が違う。

 

輝いていた。

 

どうしちゃったの?

何があったの?

 

 

限界突破!

 

 

 

 

インスタすぐにフォローしたよね。

別にファンじゃなかったけど。

 

 

 

 

自分らしく生きられないって苦しいわ。

誰だって。

 

 

よかったね、きーちゃん。

 

 

 

 

 

目には見えないお話だけど、

星の流れを読み解く人たちのつぶやきを聞いた。

 

今年、240年以上続いた「土の時代」が終わりを告げ「風の時代」がはじまるという。

 

破壊と再生のパワーを持つという冥王星。

制限と区別のシンボルと例えられる土星。

幸運と拡大の星と言われる木星。

 

この三つの惑星が山羊座に揃う今年、壮大な浄化がなされ、

正直者が生きやすい世界に変わってゆくのだとか。

 

 

 

風の時代。

彼にはもう風が吹いていたのかな。

 

 

 

 



 

 

【参考記事・ブログ】

 

きーちゃんについての記事

https://hochi.news/articles/20200101-OHT1T50076.html

 

 

 

300年ぶり大変革の年

 https://www.elle.com/jp/horoscope/yuji-column/a29768922/horoscope-yuji-2020/

 

「星読み語り」中央と地方

 https://ameblo.jp/uenopasiri/entry-12563068033.html

 

 

 

 

※写真と文章は何の関係もありません。

行進曲にのって

  • 2020.01.01 Wednesday
  • 22:22

 

 

 

 

毎年恒例、元旦夜のお楽しみ、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団ニューイヤーコンサート、

ラデツキー行進曲に今年も参加できました。テレビの前でですけれど。

(動画は数年前のものです)

 

 

元気がでます、勢いつきます行進曲。

今年はこの手拍子にのってるような気分で進んでいけたらいいなと思います。

 

 

2020年

令和二年 庚子 かのえね

 

庚は「更まる」あらたまるという意味で、

子を解けば了と一で「悟る、わかる」

「はじまる」という意味が含まれるそうです。

 

 

そろそろ本当に世界が平和になってく様に、いろんなところが改まりますように。

宇宙の中の地球の上で、生きとし生けるものすべての命が尊ばれ、善い時代のはじまりとなってゆかれますように。

 

自分もできるところから一歩をはじめてみたいと思います。

たとえ小さな一歩でも。

 

 

HAPPY NEW YEAR !

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Amazon

Rakuten

人気ブログランキング

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
地域生活(街) 北海道ブログへ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM