記憶の中の雪景色

  • 2020.02.11 Tuesday
  • 12:23

 

 

もうこのまま春が来ると思い込んでいたら、節分過ぎて大雪。

 

あまりの雪の少なさに夏の水不足や農作物への影響を心配しはじめていたけど一安心。

にしても一気にこんなに降るなんて。気温も上がったり下がり過ぎたり、昔の冬とはなんだか違う。

 

 

 

今はなき源町の山の上に暮らしていた頃。

 

源町は現在、清水町の一部、中野植物園の辺りで、今も通っている梅源線というバス路線の名称の、梅は梅が枝町、源は源町から来ている。その梅源線のバスに乗って5歳の私は幼稚園に通っていた。


その頃の夢はバスガイドのお姉さんになること。紺の制服と帽子、白い手袋、首から下げた切符入れのかばん。憧れた。毎日、バスに乗るのが楽しみで。

 

 

が、しかし、雪が降るとバスは坂を登れなくなり、 梅源線は冬期間運行停止となる。私は幼稚園に通えなくなり、あえなく中退。いつのまにかバスガイドの夢も忘れ、気がつけば市内の路線バスからバスガイドのお姉さんは消え去っていた。


 

 

 

細い小路の奥の小さな家に住んでいた頃。

 

家にはミミコという名の猫がいた。源町に住んでた頃から飼ってた猫で、私は猫と一緒に育った。冬の話ではないが、外で遊んで帰って来ると「またこんなに汚してきてー、どれ足っ」と、猫と並んでホースの水で足を洗われた。なぜかそんなことを覚えている。

朝となく昼となく夜となく、いつも「カオリちゃん、おはよ」と言う九官鳥もいた。向かいの家にはタロという名の犬がいて、時々鎖を外していなくなった。「タロー、タロー」って、向かいのオバさんいつも大きな声で叫んでた。

 

昔の冬は長かった。

 

屋根から落ちた雪としんしんと降り積もった行き場のない雪が窓を塞ぎ、玄関の前には何段もの雪の階段ができた。タローの小屋も雪に埋もれる。

家の中は朝からうす暗くて、気も滅入る。滅入った気分を上げるのは今も昔も美容室。


この頃夢はパーマ屋さん。母に連れられていく美容室は大人の女の世界だった。が、くるくるのふわふわの長い髪にしてほしかったのに、いつもワカメちゃんのように刈り上げにされて悲しかった。願いは叶わずパーマ屋さんの夢もしぼんだ。

 


 

 

 

 

数十年の時を経て、坂はどこもロードヒーティングとなり、梅源線は止まることなく冬も坂を登っている。

 

除雪、排雪、真夜中に働いてくださる方達のおかげで、雪が窓を塞ぐことも少なくなった。





 

昔より春の訪れも近くなって来たのだろうか。

 

未だ見ている夢にも春は訪れるのだろうか。

 



 

季節外れの雨が降っている。



冬の雨と春の雪

  • 2020.01.30 Thursday
  • 23:19

 

2018年3月20日

節分を過ぎて立春を迎えたらもう気分は春なのに、

いまだしつこく雪が降る。

 

お天気とご気分が上手くかみ合わない日々が続いている。

 

どんよりグレーの雲に覆われて隠れていたいのに、

そんな日に限って眩しく青い空が広がる。

 

 

 

 

こんな書きかけの日記がノートの片隅に残っていた。

曇りときどき晴れそうで晴れない心模様。

 

春はまだまだ遠かった。

 

 

 

 

 

 

 

そして2年の月日が流れ去り、月が出た出た月が出た。

 

野菜炒めとワインボウル。

 

 

 

 

夜な夜な小樽に出没しお店をめぐる楽しさよ。

 

 

 

 

 

 

最終電車で家路に着けば、ほろ酔い気分の肩濡らす雨。

 

春はも少し先でいいから雪の景色を見せとくれ。

 

 

 

今年の「小樽・雪あかりの路」は祈りの灯を点したいから。

 

 

 

 

 

小樽雪あかりの路

2月9日〜16日

http://yukiakarinomichi.org/

節分まで

  • 2020.01.23 Thursday
  • 23:43

 

やけに雪が少ない冬だけど、今年もやっぱり、

大寒過ぎて節分までのこの時期は、

立春からの新しい一年を迎えるためにちょっと修行をいたします。

 

だって今日まで生きて来て、

生きてるだけであちらやこちらやそちら様にきっと迷惑かけている。

 

 

できたこと、できなかったこと。

中途半端で投出したこと。

 

たくさんの人に助けてもらってきたこと。

いっぱい力を借りたこと。

 

もらいっぱなしの数々の品。

していただくばかりのご親切。

  

 

それでなくても少ない徳が

どんどんどんどん減ってゆく。

 

 

日々の暮らしで地球を汚し

無いものねだりで人を羨み

 

気分次第で右左

 

 

 

身で罪を犯し、口でもっと罪を犯し、心はさらに罪を犯す。

 

地獄に堕ちるその前に。

 

 

 

 

 

 

「密厳院発露懺悔の文(みつごいんほつろさんげのもん)

 

                                     覚鑁上人(かくばんじょうにん)

 

 

我等懺悔(われらざんげ)す 

無始(むし)よりこのかた妄想に纏(まと)われて衆罪(しゅざい)をつくる

 

身口意(しんくい)の業(ごう) 

常に顛倒(てんどう)して あやまって無量不善の業を犯す

 

珍財を慳悋(けんりん)して施を行ぜず 

こころに任せて放逸(ほういつ)にして戒を持せず

 

屢々(しばしば)忿恚(ふんに)を起して忍辱(にんにく)ならず 

多く懈怠(げだい)を生じて精進ならず

 

心意(しんに)散乱して坐禅せず 

実相に違背(いはい)して慧(え)を修せず

 

恒に是(かく)の如くの六度の行を退して 

還(かえ)って流転三途(るてんさんず)の業をつくる

 

名を比丘(びく)に仮(か)って伽藍(がらん)をけがし 

形を沙門(しゃもん)に比して信施を受く

 

受くる所の戒品(かいぼん)は忘れて持せず 

学すべき律義は廃して好むことなし

 

諸仏の厭悪(えんの)したまう所を慙(は)じず

菩薩の苦悩する所を畏(おそ)れず

 

遊戯笑語(ゆうげしょうご)して 徒(いたずら)に年を送り 

諂誑詐欺(てんのうさぎ)して空しく日を過ぐ

 

善友(ぜんゆう)に随(したが)はずして癡人(ちじん)に親しみ 

善根(ぜんこん)を勤めずして悪行を営む

 

利養(りよう)を得んと欲しては自徳を讃じ 

名聞(みょうもん)を求めんと欲して他罪を(そし)る

 

勝徳(しょうとく)の者を見ては嫉妬(しっと)をいだき 

無徳(むとく)の人を見ては驕慢(きょうまん)の生ず 

 

富饒(ふにょう)の所を聞いては希望(きぼう)を起こし 

貧乏(びんぼう)の類を聞いては常に厭離(おんり)す

 

故(ことさら)に殺し誤って殺す有情(うじょう)の命(めい) 

顕は(あらわ)に取り密かに取る他人の財

 

触れても触れずしても 非梵行(ひぼんのぎょう)を犯す 

口四意(くしい)三互(さんたがい)に相続し

 

仏を観念する時は攀縁(はんねん)を発し(おこし) 

経を読誦(どくじゅ)する時は文句を錯る(あやまる)

 

若し善根を作せ(なせ)ば有相(うそう)に住し 

還って輪廻生死(りんねしょうじ)の因と成る

 

行住坐臥(ぎょうじゅうざが)知ると知らざると

犯す所の是(かく)の如くの無量の罪 

 

今三宝に対して皆発露(ほつろ)し奉る

慈悲哀愍(じひあいみん)して消除せしめたまへ 

乃至(ないし)法界(ほっかい)の諸(もろもろ)の衆生 

三業所作の是の如くの罪

 

我皆(われみな)相代(あいかわ)って尽(ことごと)く懺悔す 

更に亦(また)その報いを受けしめざれ

 

南無 慚愧懺悔無量所犯罪(なむ ざんぎざんげむりょうしょほんざい)
                           (三返)   

 

                          

 

 

参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

 

ベットの上から

  • 2020.01.18 Saturday
  • 21:12

 

2017年の6月は暑い日が多かった。

インスタグラムの投稿は、屋台村のバミコdeあんなの写真に「珈琲かビールかそれが問題だ」とか書き込んでいる。29日に入院で30日に手術と決まっているのに、問題はそこだったのか。

 

 

 

バミコさんの店舗を昼間だけ借りてカフェをオープンしたばかり。

 

最初に検査に行ってからずっと心配してくれていたバミコの店主、バミちゃんは号泣。

イヤイヤ癌なのは私だからというくらい泣いて鼻をかんでいた。

 

それから「しばらくお休みします」と屋台村の方に事情を話した。

 

すると数日後・・・ひとり、またひとりと、

店主のみなさんが鶴を折って私の所に来てくれた。

 

 

 

なんと声をかけたらいいか、気持ちは複雑だったろう。ついこないだ入って来た、しかも昼だけのヤドカリ店主のような私に、ご自分の病気体験を話してくださったり、「元気になって早く戻っておいでよっ!」などとうれしい言葉をくださったり・・・有り難かった。

 

 

私と言えば平常心を装い、いつもと変わらず珈琲を淹れていた。

 

 

 

そろそろ旅行気分で準備をはじめる。

 

 

入院。

 

癌はステージ3だった。

 

 

 

お見舞いにといただいたお花模様の可愛いタオル。

 

マッサージの先生は、あの世からみたらこの世は神様が創ったゲームセンター、経験値あげて攻撃力アップして人生ゲームをクリア、そして天国へ帰還せよと教えてくれる雲黒斎氏の本を貸してくださった。


 

 

 

おかげで癌も母の孤独死もなんだゲームかと思えてゆっくり眠れた。

 

もう何も恐くない。

 

 

 

無事に手術が終わり、7月に入るとすっかり真夏。

窓側のベットの上で、日焼け止めクリーム塗って、リゾート気分で空を見ていた。

 

 

 

 

 

お見舞いにいただいたサリーズカップケーキ&クッキー。

可愛いスマイル見てるだけで癒される。

 

 

みなさん、ありがとうございました。

 

 

退院間近なある日、

引いたメッセージカードは「旅」。

新たな冒険!?

どおりで旅行気分だったわけだ。

 

 

変化にときめく旅はまだ続いている。

 

 

 

 

 

 

 

 乳がんのお話

「まるこちゃんと希林さんと」

http://anna-mama.net/?eid=26

 

 

日帰り小樽芸術の旅

  • 2020.01.16 Thursday
  • 00:53

 

行きたいところがあって、

この日は小樽と決めていた。

 

 

スタートはこちら。

UNGA↑

縁起の良いお名前の粋なお店。

 

 

 

入ったとたんにいつもお世話になっておりますお友だちにバッタリ!

お店の取材で、お仕事されてました。

 

18日の土曜日、朝8時50分から

AIR-G' FM北海道 80.4Mhz

「小樽さんぽ」で紹介されます。

 

なのでこちらがどれだけ素晴らしい発想の素敵なお店かは、

石橋やちよアナウンサーにお聞きください!

 

18日の土曜日の朝ですよ!

 

 

 

運河プラザの屋根の鯱と冬の青空。

 

 

 

三番庫では「文化庁メデイア芸術祭小樽展」開催中。

 

大好きなチームラボのアートな世界へ。

『百年海図巻アニメーションのジオラマ』

 

座っていつまでも観てられる。

生まれ育った日本海と人生が混じり合ってるように感じて、

命のバトンを受け継いで今ここにいる感謝が込み上げて来る。

 

 

 

『コミュニケーションの泉』

話しかけると動くのだが、こちら様にはとくに話すことはない。

 

「王様の耳はロバの耳ぃ〜」と、言ったら

受け止めて秘密を守ってくれるのならちょっと欲しいと思った。

 

 

 

ランチタイムは久しぶりに洋食屋マンジャーレTAKINAMIさん。

 

オムライスが超美味しくて、さすがたきなみさんです!

 

15日で開店25周年だったそうです。

おめでとうございます!

お体たいせつにいつまでも美味しいもの作ってくださいね。

 

 

 

そしてそして、

思いがけないお誘いいただき

札響ニューイヤーコンサートへ。

 

ヨハン・シュトラウス大好き!

喜歌劇「こうもり」序曲からはじまりはじまり!

 

ピアノは小樽出身でニューヨーク在住、世界でご活躍の野瀬栄進さん。

ラプソディー・イン・ブルー。

素晴らしい感動的な演奏でした!

 

ドヴォルジャーク「新世界より」

ラルゴほか

 

 

もう幸せ♪

 

 

 

そうか今年は新世界なのだ!

なんの根拠もなく決めている。

 

 

 

 

最後はラデツキー行進曲♪

毎年、元旦の夜にテレビの前でひとり手拍子してるあの曲である。

 

市民会館、瞼を閉じればウイーンの気分。

最高!

 

 

 

 

 

小樽に乾杯!

 

 

 

 

 

文化庁メディア芸術祭 小樽展

「メディアナラティブ 〜物語が生まれる港街で触れるメディア芸術」…(1/11〜1/26)

https://otaru.gr.jp/tourist/bunnkanohitilyoumedeiageizilyutusai-1-11-1-26

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Amazon

Rakuten

人気ブログランキング

にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
地域生活(街) 北海道ブログへ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM